シャタバリ、アムラ、ティーなどインドのアーユルヴェーダ医師が処方した食品や、雑貨販売、クリニック紹介

ジヴァ・アーユルヴェーダの生薬の特徴

アーユルヴェーダでは数百種にのぼるハーブや生薬が処方されています。生薬やアーユルヴェディック製品の製造において良質な原材料やオイルの選別、衛生管理、品質管理の徹底は欠かせません。

ジヴァ・アーユルヴェーダは500種以上にのぼる伝統的なアーユルヴェーダ製剤に加えて、90種類にのぼる独自開発製品を国際製造基準に基づいて製造しています。安全面と薬効面で高い基準を設けています。

生薬の特徴

インド・ファリダバドにあるジヴァ・アーユルヴェーダの製造工場はISO 9001:2008とHACCP(ハサップ)の認証を受けています。また、医薬品および医薬部外品の製造管理および品質管理の基準を示すGMP(Good manufacturing practices)認証も得ています。一つ一つの製造工程で細心の注意を払い、高品質の維持に努めています。

品質コンプライアンス

製造、加工、包装の各工程における品質と汚染の予防に関して高い基準を設けています。

  • 高品質のハーブと原材料を使用
  • 遺伝子組み換え植物の不使用
  • 製造工程の徹底管理
  • 経験豊富なアーユルヴェーダ専門家による品質管理
  • 熟練した工場作業員
  • 徹底した衛生基準
  • 汚染や原材料の取り違えを防ぐ工場設計
  • 原材料の汚染を防ぐ貯蔵施設と製造施設の環境管理

徹底した品質管理

ジヴァ・アーユルヴェーダの製造工場には、原材料の選別や処方に関して豊富な経験をもつヴァイディア(伝統的なアーユルヴェーダ専門家)が10人以上常勤しています。その知識は数千年にわたって連綿と継承されてきたものです。

原材料ハーブは高品質の植物を栽培している農家から調達しています。処方薬やサプリメントが体、心、感情に最大限の効果を及ぼすよう、各製造工程では細心の注意を払っています。

PAGETOP